ボート免許を取得しよう!小型船舶操縦士とは?

ボート免許とは

ボート免許とはまさしく海や湖、河川などでボートや船を操縦できる免許のこと。
正式には小型船舶操縦士免許(こがたせんぱくそうじゅうしめんきょ)と言う。
日本国内での海や湖を走るエンジン付きの小型の船を運転するためには絶対必要な免許である。
ボート免許は船舶職員及び小型船舶操縦者法にある海技従事者であり、
小型船舶操縦免許証を取得することで小型船舶操縦士の保有を証明される。

堅苦しい文章ですが、ボート免許とは通称の呼び名であり、正式には小型船舶操縦士免許と言います。
このボート免許を取得することにより、20トン未満のボートや船を自由に操縦出来るようになります。
このサイトではボート免許をこれから取得したい!更新したい!人のために情報を発信していきます。

オススメ書籍:これから始める人には効果的な一冊です。ボート免許の基礎が分かります。


いまから取るボート免許(2006ー2007)

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/46074862

この記事へのトラックバック


Excerpt: 小型船舶小型船舶(こがたせんぱく)とは、船舶の区分の一種であり、総トン数20トン未満の船舶のことを指す。ただし、「漁船法(昭和25年、法律第178号)第2条第1項に規定する漁船」及び「ろかい又は主とし..
Weblog: 海に出よう!
Tracked: 2007-10-01 11:16
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。